ガジェット

10 minutes aroma hibi/10分間の安らぎを求めて

  1. HOME >
  2. ガジェット >

10 minutes aroma hibi/10分間の安らぎを求めて

毎朝9時前には出社して20時過ぎには帰宅する日々。

土日も必ずしも休めるとは限らない。

私も似たようなもんだなぁと思う方へ、日々の空気を彩る香りhibiを紹介します。

 

日常に10分、自然のアロマを。

淡路島のお香と、播磨のマッチの伝統産業が組み合わさった商品。

一見マッチのような見た目ですが、黒い軸の部分はお香になっています。

 

使用場のちょっとしたポイント

案外、お香部分に火がつきにくい。

デメリットと言うほどでは無いのですが、火がついてお香の木の部分に着火するまでが簡易的ではなく

少し立てて着火させるようにしないといけないのがやりにくいと思っています。

通常のマッチのように使用した場合頭の部分だけに火が灯りそこで終わってしまいます。

私は大体10分間のお香の香りを楽しむ方法として火をつけてから瞑想をするようにしています。

10分間と言う時間がちょうど良く香りに意識を集中しながら腹式呼吸をつつ緩やかに時間を感じて瞑想に浸っています。

タイマーとかでの10分間を図ると言うことではなく香りが切れたら終わりにすると言うところで変に時間を気にすることなく没頭できるのでオススメです。

ストレッチやヨガも良いかもしれませんね!

 

プレゼントにも最適

かさばるものでもなく大変高価なものでもないのでちょっとしたプレゼントには最適かと思っています。

食品など生物でもないので期限をその気にすることなく、かつ下手な小物のようだともらってもどこにおこうとか思ってしまいますよね。

そういう意味では生物ではないけれども消費できるものとしてはプレゼントしやすいものかと思っています。

香りも複数ありバリエーション豊かなのもオススメポイントです。

私も同僚に仕事を手伝ってもらった際にありがとうという気持ちを伝えるために合わせてプレゼントしたことがあります。

 

最後に

実家の田舎暮らしのときにはやっていた【香を焚く】と言う行為。

おしゃれなイメージもありましたがどこか懐かしさも感じる逸品。

ふとした息抜きのために試してみてはいかがでしょうか。

-ガジェット

© 2021 初心者に贈る サイドビジネスへの旅路 〜オモロコモロの挑戦談〜