【生後5ヶ月】もどかしい!?できそうでできない寝返り

こんちにわ!

生後5か月、一卵性双子について、今日は寝返りについて書こうと思います。

最近二人とも寝返りそうなそうでもないようなオーラをばんばん放ってます。

寝返りそうで寝返らないのはもどかしいですね。

一般的に赤ちゃんが寝返るのっていつからなんでしょうか?

今日はいつ寝返るの?ってこととうちの子を比較しながら書いていきたいと思います。

※なんかうちの子って言い方違和感だなぁ(笑)

赤ちゃんが寝返りするのはいつ?

まず個人差があるようなので遅くても気にしない精神大事!

自分もしらべてますが、そこまで興味はありませんキリッ

そのうちするでしょ精神( *´艸`)

因みに一般的な寝返りは厚生労働省の乳幼児身体発育調査で
は、多くの赤ちゃんは寝返りできるようになるのは生後4ヶ月
~6ヶ月頃のようです。
でも、これ普通に読んだら絶対にできなければならないのか?って思っちゃいますね。
赤ちゃんも十人十色!
他人を気にしてもしょうがない!
我が子の成長をゆっくりどっしり構えたいですね!
そもそも「寝返りができる」ってなんなんですかね?
遅い子は10ヶ月頃になって初めてできる子もいるみたいです。小さいころから赤ちゃんの性格や特徴があっておもしろいですよね。
我が家の長男坊は・・・多分早かった気もするんだけどあまり自信がないんだよなぁ。
可愛くても子供の記憶は忘れますね。
それ以上に次々発見がありますからね><
皆さんもちゃんと記録は残しておきましょうね!

うちのちび達は?(5ヶ月目)

我が家の一卵性双子はどうなのか?
・・双子のお兄ちゃんの方は見てない所で昨日できてました!!!
・・・見てないので「おぉ・・。おめっ」のノリでしたが(笑)
しそうな感じはすごいするので引き続きベストショツトを目指します(笑)
次こそは撮影してYouTubeだ!(笑)
因みにしそうでしない時は撮影できました(笑)
上から
背中から
正面から
画像は知らぬ間にできていた(双子兄)の方ですが、足をグイっとできてきたらできるのかもしれない。
弟の方は足をグイって交差できてないんですよね。
動画取れたら後日貼っておきます(笑)

寝返りの練習は? サポートのやり方について

寝返りが遅いときは練習させた方がいいのでしょうか?ここからは、寝返りの練習方法と注意点を調べてみました。

寝返りの意欲が見えたらお手伝いしてみよう

赤ちゃんの発達・発育は、筋肉や神経の発達とともにすすむとのこと。

体の準備が整えば自然と寝返りするようになるようなので、兆候が見られないのに無理やり練習させる必要はない!

サポートしてコツをつかませるのが良いみたい。

ただ、寝返りってデメリットありますよねー

ベビーベット落ちる可能性あるんですです。

落ちないように柵は上げられるんですが、そろそろ7キロの双子を柵越え抱くのは結構夜中はしんどい(笑)

 

寝返りのサポート方法

下半身をひねろうとする動きが見えた際に、ひねろうとしている脚にやさしく手を添えて、動作をサポートするのが良いとのこと!

無理やりではなく、サッと!できる紳士のようにフワッとサポートしましょう!

寝返りが遅くなる原因があることも?

遅い原因は発達だけではないようです!

〇布団が柔らかい

〇ベッドの幅がせまい

〇厚着や窮屈な服で動きにくい

薄着になったら急に寝返ったということもあるみたいです。

我が家も薄着にしたら寝返ったので一理あるかも!?

寝返りの一番の注意点!窒息にも注意を

寝返りし始めたばかりの赤ちゃんは、うつぶせになれても自力であおむけに戻ることはできないんですよね。

うちもそうでしたが寝返りは突然成功します。本当に。

なるべく寝返りそうな動きが多くなれば、あまり目を離さないようにしたり、周りに柔らかいものを置いて息ができないなんてことが起こらないようにしましょう!

 

まとめ

特にまとめることはないですが、寝返りは「自然にまかせろ!」ってことですね。

寝返らなくても生きていけます(笑)

双子は寝返るより、沢山寝て自由時間を私につくってくれい!

という気持ちの方が大きいです(笑)