花粉対策に脱毛という選択肢

2020年12月30日

嫌な花粉の季節が今年も来ました

寒かった冬も終わりに近づき、少しずつ気温も上がってきました。

気温が暖かくなり過ごしやすくなりますが、それに伴い花粉も勢力を伸ばすこの時期はなかなかきついです。

花粉症がひどい方は鼻水も沢山でるので、その分ティッシュで鼻を見続ける生活になっていると思います。

すると、もちろん鼻下の肌はかさかさ・・・または赤くなっていませんか?

そんな花粉の季節に髭を剃ろうものなら痛くて痛くて仕方ないと思います。

今回はそんな話した事情に焦点を当てていきたいと思います!

鼻下は案外デリケート

年々、花粉症被害は増え続けていて、症状も悪化するばかり。

細菌はPM2.5なんかもかなり飛んでいて外に出るなってことか?と言いたくなる感じです。

皮膚の中でも、鼻下はかなりデリケートな部分になり、鼻をかんだ時に鼻下の水分も一緒に拭きとってしまっているのが炎症を起こす大きな要因です。

また、鼻下は凹凸があるので他の場所に比べて、カミソリを当てにくいという特徴もあります。

下手な人だと必ず切る人もいるのでカミソリは大体おすすめはしません。

 

カミソリはゆっくり丁寧に。基本的にはNG

花粉の季節、肌荒れしてる状態でのカミソリは、避けた方がいいと思います。

乾燥してしまった皮膚に、カミソリを当てると、ヒゲと一緒に鼻下の皮膚まで削り取ってしまい余計肌の状態は悪化します。

カミソリで肌を傷付けてしまうと、そこから細菌が入り、赤みや、炎症の原因になるんですね。

では、カミソリ以外でどんな方法があるのか?ってことなんですが、基本的には荒れてる皮膚は処理しない方がいいんですがどうしてもという方は

電気シェーバーを使用してみましょう。

顔専用シェーバーを使えば、肌を傷付けないように、刃先が丸くなっているものが多いため、肌に直接、刃が当たらない様になっているので肌への負担は最小限に抑えることができます。

 

結局おすすめは脱毛

鼻下の毛と、花粉に悩んでいる方は脱毛したほうが楽です。
毛の処理をしなくても良い状態にすれば、処理する必要が無くなりますし、なにより清潔になります。
また脱毛することで花粉にも効果はあります。
それは鼻下の毛に花粉がつく確率が減り、花粉の影響が下がる可能性もあるってことです。
因みに脱毛を簡単に説明しておくと下記のような感じです。

①鼻下の毛の処理には脱毛。
②鼻下の毛を脱毛するには時間がかかる。
③思ってる以上にメリットが多い。

鼻下の毛の処理には脱毛。

鼻下を脱毛する方法は、針脱毛、レーザー脱毛、光脱毛の3種類あります。

鼻下はデリケートな部分なので、脱毛すると他の部位より刺激が強く痛いです。

なので針脱毛やレーザー脱毛は正直気持ちが折れるのでやめたほうが無難。

それに比べて、光脱毛は痛みも少なく安全なのが特徴で、皮膚トラブルも一番起こりにくい脱毛方法です。

自分が納得するまで減らすことができれば、毎日の手入れはなくなります。

この辺は痛み、効果、費用、安全性で選ぶとするなら光脱毛がオススメです。

また、光脱毛がいい所は市販でも十分に手が延ばせる金額で自宅で購入可能な所。

通うのが手間な方は脱毛器にチャレンジしてみてください。



 

一番安くて、一番長い鼻下脱毛

全ての脱毛方法に言える事は、鼻下脱毛は時間がかかるという事。

鼻下の毛は、太くて固い毛質が大半で毛の密集度も高いので、スッキリを目指すと時間はかかります。

人によって、毛質や肌質は違うため、多少誤差はあれど、ある程度スッキリさせようと思うならば、10回以上は脱毛サロンに通わなければなりません。

この辺りは、脱毛器だともう少しだけかかるイメージです。

人によりますが半年もあれば剃る必要はなくなってきて、少し伸びたら脱毛をするだけって形になってきます。

コストパフォーマンスが高い脱毛

鼻下の毛を脱毛する事のメリットはたくさんあります。

スッキリさせてしまえば、毎日のお手入れがなくなるので、肌への負担も大幅に減らす事ができ、お手入れにかかっていた時間も削減する事が出来ます。

また青髭がなくなったり、スキンケア効果も期待できるのでニキビができにくくなったり、毛穴が閉じて綺麗な肌を手に入れたり、自分にも自信がついたりと

メリット結構あるんですよね。

鼻下脱毛で花粉の辛さを軽減しよう

今年もこの季節がやってきました。鼻がムズムズし出したら、花粉が飛んでる合図。

相変わらず、気温の上昇と共に、みんなのテンションは上がっている。

しかも今回は私もテンションが高い!なぜなら花粉がそこまで辛くないから!

って未来が一番理想ですよね?

自分が思っていた以上にヒゲ剃りも花粉もストレスを感じています。

ストレスは体調にも肌にもよくありません。

今一度花粉に対して薬だけでどうにかしようとしないで、他の方法も模索してみましょう。