マスクができる今こそチャンス!脱毛種類を選んで脱毛体験へいこう

あまり外出しない期間が増え無精髭や青髭が目立ってきた人いるんじゃないでしょうか?

毎日剃るのがめんどくさい人に脱毛はお勧めです。

今回はそんな脱毛方法や脱毛したほうがいい人に焦点を当てていきたいと思います。

 

脱毛したほうがいい人達

まずは脱毛するべき人、効果を実感しやすい人達を紹介!

青ひげで悩んでいる方

男性の天敵であるであろう青ひげ、ひげが濃い方は青ひげになりやすいですよね。

そんな青ひげは、他人に好印象になることはほとんどありません。

自分で処理するにも、青ひげは剃るだけではなく、毛穴の深い部分を解消しないとどうにもなりません。

その為、毛穴の深いところを解決するには脱毛するしか手段は無いといっても過言ではないんですね。

髭が伸びる期間が短い無精髭になる方

髭は、髪の毛の次に毛の成長スピードが早いものです。

1日辺り、平均で約0.35mm伸びていて、早い人はそれ以上です。

1日手入れしないと、無精髭になってしまう方は、髭が太く頑固なので脱毛で解消することで細く柔らかい毛に、そして

成長スピードを低下させましょう。

デザイン髭にしたい方

デザイン髭にしたいけど、毎日の手入れが面倒という人は脱毛がオススメ。

自分でやると失敗する場合もあるのでサロンで相談してみるのも手です!

髭脱毛のメリットとデメリット

ひげ脱毛のメリットとデメリットをご紹介致します。

ひげの脱毛を考えられている方は参考にしてみてください。

電気(針)脱毛

電流が流れる針を毛穴に通して刺激する脱毛方法。

確実に毛を脱毛する事が出来ます。

メリット
毛を伸ばしたまま、1本1本針を通していくので効果が高いです。

その為デザインひげをされたい方には最適な方法です。

レーザーや光脱毛とは違い、メラニンに対してでは無く直接毛根を刺激するため、白髪や白い毛も脱毛する事が出来たりします。

また毛を伸ばしたまま脱毛するので、事前に毛を剃らずに脱毛できるので楽です。

デメリット
毛穴に電流を通すため、術後1日間は脱毛部位がかなり腫れ上がります。

1本1本脱毛していく為時間もかかり、1日の脱毛箇所が限られるので時間がかかります。

技術と時間がいる為かなり高額な脱毛方法です。

おすすめ:オシャレひげ、顔のパーツの1部分の濃い髭を脱毛したい方

医療レーザー脱毛

光より強力なレーザー光を用いた医療認可が必要な脱毛方法。

メリット
強力なレーザー光なので、一度の照射で毛穴の奥の組織を光脱毛より短時間で死滅させる事が可能。

1回の施術が30分〜1時間程なので、電気脱毛より時間はかからない点。

デメリット
強力なレーザーで結構な痛みを伴う。

医療機関のみの脱毛方法なので、高額な脱毛方法でもあります。

おすすめ:広範囲の濃い髭を脱毛したい、青ひげ解消したい方

美容ライト脱毛

通称光脱毛と呼ばれる脱毛方法。

光の照射で毛のメラニンを刺激し、毛根の組織の活動を低下させる脱毛方法です。

メリット
顔のシミ等を取るフェイシャル効果も期待できます。

痛みが他の脱毛方法より少なく、人によっては痛みを感じません。

他の脱毛法よりかなり安価で脱毛できるのもメリット。

デメリット
脱毛期間が他の脱毛法と比べて、期間が長くかかる場合があります。

ひげがかなり濃い人だと、6回目の施術で効果を実感出来てくる等、効果実感まで時間がかかります。

おすすめ:薄めの青ひげを消したい人、とりあえず脱毛を体験したい人

まとめ

とりあえずお伝えできることは一度行って効果が出れば感動します。

ものすごく色々メリットがあるので体験したことない方は安いので一度ぜひ行ってみてほしいです。

今はマスクも普通にできるので初回何回か少し腫れるか赤くなりますか隠せますし、今がチャンスだったりします。

 

そのため今こそサロンへ無料面談を予約してみるのも1つの方法です。

最近とにかく競合過多で安さ競争です。

安いので色々なサロンにまわってみるのも手です!




または脱毛器の購入です。

今はクオリティの高い脱毛器が数多く存在し、しっかりあてれば効果は全然でます。

毛が濃い、処理が面倒、肌の悩みがつきないと悩んでいる人がいて、色々試したけど治らないと感じている人は、一回だまされたと思って脱毛に手を伸ばすのも1つの選択肢です。

脱毛サロンに通うのに勇気がいる人は今は数万で脱毛器を購入出来て、性能もかなり良いです。

正直サロンに通わなくてもいいレベルまで出てるのですごいです。

気になったら連絡してもらっても構わないので一度チャレンジしてみましょう。