無料でデジタルマーケティングを学べるGoogleデジタルワークショップとは?

2019年6月27日

Googleはデジタルコンテンツに関するさまざまな学習ツールを無料で公開していますが、その中でも無料でデジタルマーケティングが学べるツールが「Googleデジタルワークショップ」です。

無料ですがクオリティはめちゃくちゃ高く、デジタルマーケティングに携わる人は一度体験しておいて損はなしです。

Googleデジタルワークショップは何を学べるのか

Googleデジタルワークショップは、さまざまなITビジネスの基礎を学べるデジタルワークショップです。

学べるコースを抜き出してまとめました。少し長いです。

コース名

学習内容

デジタルマーケティングの基礎・インターネット上でのビジネス機会

・オンラインで成功するための第1歩

・ウェブサイトの活用

・オンラインビジネス戦略の策定

・検索エンジンへの対応

・検索で見つけてもらう方法(SEO第1章)

・検索の有効活用(SEO第2章)

・検索連動型広告で情報を伝える方法(検索連動型広告第1章)

・検索連動型広告の改善(検索連動型広告第2章)

・実店舗ビジネスのインターネットの始め方(実店舗ビジネス第1章)

・実店舗ビジネスのインターネット活用方法(実店舗ビジネス第2章)

・ソーシャルメディアの始め方(ソーシャルメディア第1章)

・ソーシャルメディアの活用方法(ソーシャルメディア第2章)

・携帯電話 (スマートフォン) の可能性について

・携帯電話 (スマートフォン) 向け広告

・コンテンツマーケティングの実施

・メールマガジンの活用

・ディスプレイ広告の始め方(ディスプレイ広告 第1章)

・ディスプレイ広告の活用方法(ディスプレイ広告第2章)

・動画の有効活用

・ウェブサイトの分析の始め方(ウェブサイトの分析第1章)

・ウェブサイトの分析の活用方法(ウェブサイトの分析第2章)

・データ分析によるインサイトの発見

・eコマースの構築

・インターネット上での販売促進

・海外への展開

ビジネスをオンラインで展開・インターネット上でのビジネス機会

・オンラインで成功するための第1歩

・オンラインビジネス戦略の策定

・eコマースの構築

・インターネット上での販売促進

・ウェブサイトの活用

・実店舗ビジネスのインターネットの始め方(実店舗ビジネス第1章)

オンラインで自身のビジネスを見つけてもらう・検索エンジンへの対応

・検索の有効活用(SEO第2章)

・検索で見つけてもらう方法(SEO第1章)

・実店舗ビジネスのインターネット活用方法(実店舗ビジネス第2章)

オンライン広告でビジネスを宣伝・ディスプレイ広告の活用方法(ディスプレイ広告第2章)

・メールマガジンの活用

・ディスプレイ広告の始め方(ディスプレイ広告第1章)

・検索連動型広告で情報を伝える方法(検索連動型広告第1章)

・検索連動型広告の改善(検索連動型広告第2章)

ビジネスを他国に拡大・海外への展開
モバイルを通じてユーザーと繋がる・携帯電話 (スマートフォン) 向け広告

・携帯電話 (スマートフォン) の可能性について

コンテンツを通してビジネスを宣伝・ソーシャルメディアの始め方(ソーシャルメディア第1章)

・ソーシャルメディアの活用方法(ソーシャルメディア第2章)

・動画の有効活用

・コンテンツマーケティングの実施

顧客のニーズとオンラインでの顧客の行動を把握・ウェブサイトの分析の始め方(ウェブサイトの分析第1章)

・ウェブサイトの分析の活用方法(ウェブサイトの分析第2章)

・データ分析によるインサイトの発見

セルフプロモーションで自信をつける・自己PRに自信をつける
キャリアアップに役立つスキル・転職に必要なスキル
プログラミングの基礎・プログラミングの基礎
仕事の生産性の向上・仕事の生産性向上
機械学習の基礎・機械学習の基本
オンラインビジネスのセキュリティの向上・オンライン ビジネスのセキュリティ向上
デジタルウェルビーイングの基礎・デジタルウェルビーイング

 

 

※2019年6月現在

動画やテキストでわかりやすく勉強でき、自分のペースで学習を進められます。

 

「デジタル マーケティングの基礎」のコースは「ビジネスをオンラインで展開」から「顧客のニーズとオンラインでの顧客の行動を把握」までのコース内容が含まれるので、まとめてデジタルマーケティングを学びたいときは「デジタルマーケティングの基礎」を選択すると良いですね。

逆に、必要な項目だけ勉強したい時はそれぞれのコースで勉強も「アリ」です。

 

さらに、デジタルワークショップでは機械学習、プログラミング、転職、生産性の向上など実務でも役立つ基礎まで用意されているのが驚き。

文字通り世界中の誰もが無料でネットビジネスやビジネスの基礎を勉強できるのです。

 

なぜGoogleがこのようなことを無料で公開しているのかというと「Google は、すべての人がデジタルスキルを身につけ、技術革新の恩恵を受けられるように、このウェブサイトを始めました。」と説明しています。

デジタルワークショップに資格はあるの?

あります。

 

「デジタル マーケティングの基礎」のコースを全て学習し、ネット上での試験に合格すると「認定証」が発行されるのです。

 

認定証は就活時の自己PRに活用したり、昇進にも役立つことがあります。

最短1日から1週間程度で取得可能という声が多く、キャリア形成や知識の習得のためには受験しておいて良いでしょう。

 

ちなみにこれまでは3回までしか挑戦できなかったのですが、何回落ちても何度でも挑戦できるように制度そのものが変わりました(※最終試験の受験回数制限を廃止)。

Googleデジタルワークショップは本当に無料なのか

Googleデジタルワークショップは、本当に無料です。

認定証の発行にお金がかかることもなければ受講料も無料、入会金なんてものも一切ありません

 

Googleアカウントやメールアドレスがあれば簡単に始められますし、ご存知の通りGoogleアカウントも無料で取得できます。

本当にすぐに始められるの?

そりゃあもう、本当にすぐにでも始められます。ほら、今からだって。

 

Googleデジタルワークショップは「学習を開始する」からカンタンにスタートできます。登録方法は「Googleでログイン」か「メールアカウントでログイン」の2通りです。

 

たとえば「Googleでログイン」を選び、最初に登録するのは、

 

・デジタル ワークショップの認定証に表示するユーザー名

・お知らせメールを受信の設定

・Google利用規約とGoogleプライバシーポリシーへの同意

 

たった、これだけ。

 

今回試してみましたが、数分で終わりました。

Googleデジタルワークショップを受講するメリットはあるの?

デジタルワークショップはWebマーケティングのキホンを無料で広く学べることが最大のメリットです。

 

認定証も採れたら、就活時に有利ですね。

IT企業やマーケティング職などに就職する際は、ないよりはあったほうが当然アピールになります。

学生さんや新卒さん、新しい職種へのチャレンジのときなどは特にやる気のアピールとしてとっておいて損になることはなさそうです。

まとめ

Googleアナリティクスをより効果的に使いたい、デジタルマーケティングの全体像を把握したい、そんな人におすすめのGoogleデジタルワークショップ。完全無料で勉強でき、さらに何度も受験することができるのでリスクフリーな受験も可能です。これからデジタルマーケティングに携わる方は見ておいて損はありません。