モテるヒゲデザインスタイルと維持方法

自分にあったヒゲのスタイル

毎日ヒゲのお手入れしていますか?

自分に合っていて、清潔感のあるヒゲは必ず好印象です。

最近、ヒゲのデザインしている人増えてきました。

どうせ生やすなら、キレイに手入れしてみても面白いかもしれません。

ヒゲは男性だけに許されたアクセサリーです。

自分にあった髭を見つけてかっこいい男に挑戦してみませんか?

好かれるヒゲと嫌われるヒゲの違い

女性は基本的に髭に関して好きな女性よりも、苦手と感じる女性の方が多いのが現実です。
それはなぜなのか?
女性が嫌うヒゲの理由は

 

1位  似合っていない。

2位  不潔

3位  剃り残しが気になる。

結局、生えたまま・清潔感がないと髭関係なく嫌われるんですよね。

つまり手入れをして、似合う髭さえ作れれば問題ないんです。

1.自分にあったヒゲスタイルを見つける。

人によって顔の形、ヒゲの生え方は全く違います。

今回、大きく分けて三つの輪郭のパターンに合ったヒゲスタイルを簡単に紹介

 

輪郭:三角
顎がハッキリしているのが特徴です。

このようなタイプの人に合うヒゲは、顎周りを全体的にカバーする様な生やし方をすれば良いパターンが多いです。

尖った輪郭が緩和され、優しい印象がでます。

逆に頬などの毛を濃くしてしまうと頬がこけているように見えるため避けたほうが〇

 

輪郭:四角形、ベース型
このタイプの方は、えらが張っていて、顎があまり目立たないというのが特徴。
顎を目立たす様に、顎ヒゲを他の所より少し長めに伸ばしたり、もみあげから顎までキチンとフェイスラインをとり、えらの張りをカバーするのもオススメ!

輪郭:丸顔、卵型タイプ
このタイプは色々試して似合うのを探すのも手です。似合わない髭は少ないほうです。

しかしヒゲの生やし方一つで大人っぽくなったり、子供っぽくなるので、どちらの方向性かが大事。

 

髭の手入れは丁寧に。

自分にあったヒゲを見つけたとしても、そのヒゲを維持しなければなりません。

維持についても考える必要があります。

それには髭剃りが大事です。

ヒゲは剃るのに適した時間があるのを知っていますか?

 

それは朝!

朝、起きた直後は、肌の疲れが回復していて、張りのある状態になっているため、この時間に処理をするのがベストでしょう。
あとは下記の3つのことを守りましょう。

一つ目は、ぬるま湯でしっかり洗顔する。

二つ目は、シェービング剤、または肌に優しい泡を使う。

三つ目は、処理後に化粧水や乳液で保湿してあげる。

毎日のお手入れの質を高めるかという事も意識してみてください。

ただ、分かっていてめんどくさいと思う方もいると思います。

完全に手入れを無くすのは難しいですが、圧倒的に楽になる方法は「脱毛」です。

楽になりたいなら、デザイン脱毛に挑戦

朝起きてから家を出るまでって、何かとバタバタしがちの人が、多いですよね?

自分が気になる所だけでも脱毛して、手入れを無くすだけで時間が大幅にカット出来るのが脱毛の魅力。

実際に、脱毛されて、月のお手入れがなくなったという人もたくさんいます。

カミソリも毎日使わなくても良いので、肌を傷付ける心配も減り、美しい肌を保つ事ができるのもメリットですね。

ここ最近、ヒゲのデザイン脱毛をしてくれるサロンも増えてきました。ヒゲのデザインを変えるだけで、「ダンディ」「爽やか」「親しみやすい」「優しそう」「強そう」などの色々なイメージを作る事も出来ます。

しかし、イメージ通りに、自分でラインを整えて、手入れをするのは正直難しいと思います。

お勧めしたいのはある程度、脱毛サロンで整えたのち、脱毛器で自宅で楽に脱毛するのがお金もかからずいい方法かなと思います。

 

または脱毛器の購入です。

今はクオリティの高い脱毛器が数多く存在し、しっかりあてれば効果は全然でます。

毛が濃い、処理が面倒、肌の悩みがつきないと悩んでいる人がいて、色々試したけど治らないと感じている人は、一回だまされたと思って脱毛に手を伸ばすのも1つの選択肢です。

脱毛サロンに通うのに勇気がいる人は今は数万で脱毛器を購入出来て、性能もかなり良いです。

正直サロンに通わなくてもいいレベルまで出てるのですごいです。

気になったら連絡してもらっても構わないので一度チャレンジしてみましょう。