副業

【人を動かす記事とは】コピー作成のポイント〈トップ・ボディー・クロージング〉

  1. HOME >
  2. 副業 >

【人を動かす記事とは】コピー作成のポイント〈トップ・ボディー・クロージング〉

コピーライティングは、WEBマーケティングで結果を出すために必要不可欠です。

いくら商品やサービスに自信があったとしても、コピーライティングのスキルがなければ結果はついてはきません。

しかし現実を見ると、商品やサービスの販売実績が伸びない理由を、商品の質に求めて、肝心のコピーライティングを改善しようとしない管理者ばかりいます。

とても大切なことなので、繰り返しますが商品やサービスの売れ行きが良くない場合は、まずセールスレターのコピーライティングを見直してみましょう。

アフィリエイトで収益を伸ばすためには、アクセス数を伸ばすことだけではなく、販売力を上げることが重要となります。

販売力を上げるためにはサイト内LPのコピーライティング能力が高くなければなりません。コピーライティングを勉強すればするほどCVRは高くなり、その分収益が伸びていくはずです。

そのための参考になるように、ここでは、売れるコピーライティングを書くために必要不可欠な要素を初心者用に詰め込みました。

アフィリエイトのライティングのみではなく、商品を作る上でのライティング方法も学べます。

しっかり1つづつクリアしていきましょう!

 

トップコピー

トップコピーはセールスレターの中でも最重要だと言えます。

1.興味を惹き付けるキャッチコピー

人々が、あなたのセールスレターを開いたとして、まず目にする部分がキャッチコピーです。コピーライティングの8割は、このキャッチコピーの出来にかかっています。

キャッチコピーで読者の注意を惹き付けることが出来なければ、せっかくのセールスの機会をドブに捨てるようなものです。

下記は、ずっと昔から変わらず使われていて、一定上の効果を出し続けて来たキャッチコピーの一例です。

  • 『~する方法』
  • 『ついに公開!○○○○』
  • 『注意!あなたはまだ~していませんか?』

 

ボディコピー

ボディコピーは、最も役割が多い部分です。ここで「何を伝えるか」「どう伝えるか」によって、読者があなたの商品を欲しがるかどうかが決まります。

詳しくは別記事にまとめますが、ボディコピーで必要になるのは下記の5つ。

【伝わるのボディコピー】のテクニック5選!!

①読者を強く動揺させる問題提起

キャッチコピーで読者の興味を引くことができたら、次は、読者の悩みの種を明確に提示し、「読まずにはいられない」というぐらいに強く引き込むことです。

大事なことは、読者が「それこそが、普段から自分が悩んでいることなんだ!」と、思わず共感してもらえる問題を書くことです。

読者はセールストークには飽き飽きしています。だからこそ、踏み込まなければ決して、時間を割いて読み進めようとはしてくれません。

②根拠ある解決策

ここまでで読者の抱える痛みを共有し動揺させました。次に必要なのは解決策を提示することです。あなたが、読者の問題をすぐに解決する方法を持っていることを宣言しましょう。

解決策の提示とは、あなたの商品やサービスを詳しく伝えることではありません。詳しく説明したがる人がいますが逆効果です。

こうだから→こう!とシンプルかつはっきり伝えるだけでいいんです。

③信頼性の演出

セールスコピーを読んでいる読者は、「はいはい。みんな同じことを言っているよね!」と無意識のうちに思います。

従って、あなたの会社や商品を信頼できると思えるような理由を、すぐに提示しなければいけない。立ち上げたばかりのビジネスの場合は、「そんなものありません!」という方もいるかもしれませんが、大事なのは「信頼できると思ってもらう」こと。

あなたの信頼性を上げるものを全てリストアップして、どうすれば効果的に見せられるかを考えてみましょう。

④リアリティのあるベネフィット

あなたの商品やサービスを利用することによって、読者はどのようなベネフィットを得られるでしょうか。ベネフィットと聞くと、商品やサービスの特徴ばかりを伝えてしまう人が多いです。

しかし、読者が求めているのは、あなたの商品やサービスではなく、それによって得られる未来

 

⑤安心感を与えるソーシャルプルーフ

当然ながら、ベネフィットを伝えたら読者は再度あなたを疑い始めます。本当は、あなたの商品やサービスを望んでいるとしても・・・です。

そこで、あなたを信頼してもらうために使えるのが、お客様の声や感想。

 

クロージングコピー

素晴らしいボディコピーを書いたとしてもクロージングをしっかりとかけることができなければ、誰も、あなたにお金を払おうとはしてくれません。

そして、クロージングのやり方を間違えてしまうと、折角あなたの商品を欲しくなっている人さえ逃してしまいます。

そうならないためにも、下記の4つの要素をしっかりと抑えておきましょう。

①断りがたい付加価値の提供

付加価値の質は、二流のコピーライティングでもカバーするほどの効果があります。逆に言うと、素晴らしいコピーを書いても付加価値の内容が二流なら何も売れません。

つまり、あなたの付加価値は読者にとって無視しがたいものである必要があります。読者が、「こんなに良い条件を見逃すなんてできない!」と思うぐらいのものを用意しましょう。

ベストなのは、魅力的な価格と、期限、プレゼントのコンビネーションから成り立っています。あなたの商品やサービスが、一番魅力的に見せる方法を考えましょう。

②購入リスクをなくす強力な保証

多くのビジネスは、強力な保証を付けることが出来るにも関わらず、これを実践していません。なぜなら、全ての顧客が返金を依頼してきたらどうしようと思っているからです。

あなたが、本当に良い商品やサービスを提供している限り、そんなことは決して起こりません。

③希少性の演出

どれだけ素晴らしいオファーを目の前にしたとしても、人々は基本的に決断を先送りにしようとして、そのうちにあなたの商品やサービスのことを忘れてしまいます。

だからこそ、読者があなたのセールスレターを見ているその瞬間に、確実にクロージングしてお金を出して貰う必要があります。そのために、今すぐに動くべき動機を与える必要があります。

そこで使えるのが希少性の演出。

コロナのマスク等、そうした希少性を演出することは非常に大事です。

希少性を演出することが、クロージングの秘訣です。ここは、あなたのアイディア力が試される部分でもあります。

④明確なコール・トゥ・アクション

最後に、あなたの商品やサービスを注文する方法を、0から10まで、明確に分かりやすく伝えることを忘れてはいけません。

「電話で注文するのか?」「注文フォームに入力するのか?」「FAXなのか?」「PAYPALを使うのか?」など、あなたの商品やサービスを手に入れるために、何をすればいいのかを指示しましょう。

例えば、「今すぐ電話機を取って、下記の番号にダイアルしてください」「次ページの注文フォームを埋めて、送信ボタンを押してください」など。

フォームは最低限で簡単に送信できるようにするのがコツです。

記載項目が多いとそれだけ離脱につながります。

 

最後に

トップコピー・ボディーコピー・クロージングコピーのポイントをまとめてみましたがいかがだったでしょうか。ポイントを押さえる事は非常に重要ですが、1つの記事に時間をかけすぎるのもよくないことなので、まずは〈記事を書く〉そして継続するところから始めてみても良いと思います。

 

-副業

© 2021 初心者に贈る サイドビジネスへの旅路 〜オモロコモロの挑戦談〜